よくある質問

パソコンインストラクターについて

第12期生(2019年度6月スタート)の募集を開始しました。
※第11期生の募集は締め切らせていただきました。

Q&A

どのくらいの知識があればパソコンインストラクターとして、教えることができるのですか?

Q&A

高度な知識は必要ありません。パソコンが大好きで、毎日インタ-ネットを楽しんでいる方なら、実践的な教え方のトレーニングを積めば、卒業時には教えることができるようになります。

Q&A

パソコンインストラクターに年齢制限はありますか?

Q&A

年齢制限はありません。教える現場では85才でバリバリ活動しているパソコンインストラクターの方もいらっしゃいます。

Q&A

パソコンインストラクターの収入はどのくらいなのですか?

Q&A

個人宅への出張 時間当り 2,000円~2,500円程度
会社などでの講習 時間当り 5,000円~10,000円程度  
※上記は参考例です。講習を受ける地域の水準や、講習内容により異なります。


入学について

Q&A

現在75才ですが、入学に年齢の制限はありますか?

Q&A

ご入学いただく際の年齢制限はありません。

Q&A

教えた経験がまったくないのですが、入学して学習についていけるでしょうか?

Q&A

教えた経験がなくてもまったく心配ありません。教え方の基礎から、少人数制の学習方式により学習を進めていきますので、経験のない方でも安心して学習することができます。

Q&A

他のパソコン教室で、既にパソコンインストラクターとして仕事をしています。スキルアップのために入学を考えていますが、問題ないでしょうか?

Q&A

まったく問題ありません。パソコンインストラクター養成学校で習得する学習内容は、既に現役で活動されている方にも、これからパソコンインストラクターを目指す方にも役立つ学習内容です。

Q&A

授業料がお安いのですが、どうしてなのですか?

Q&A

当校は、一般社団法人日本パソコンインストラクタ-養成協会が運営しています。そのため一般の学校と比較すると、安価な授業料で学習することができます。

Q&A

支払方法はどのようになっているのですか?

Q&A

入学時にご提出いただく「口座振替書」に記載された指定の金融機関より、毎月指定日に、次月の授業料を口座振替にてお支払いいただきます。ただし、入学金と2カ月分の授業料は、入学時にご入金いただきます。

Q&A

講師はどんな人達なのですか?

Q&A

現場の第一線で活躍しているプロのパソコンインストラクタ-です。

Q&A

1年間で卒業できないと、どうなるのでしょうか?

Q&A

ご安心ください。1年間で卒業できなくても、在籍期間は2年間あります。その間に必須科目(10科目)を受講いただければ、卒業することができます。

Q&A

東京でしか受講できないのですか?

Q&A

現在、東京都中央区での受講のみとなります。

Q&A

パソコンインストラクター養成学校で学ぶと、どのようなスキルが身に付くのですか?

Q&A

教える場面を想定した「教え方のトレーニング」により、講師から直接パソコン操作の教え方の指導を受け、実践的に学ぶことができるので、教える力が確実に身に付きます。
※パソコンの操作方法を学ぶ学校ではなく、パソコン操作の教え方を学ぶ学校です。


卒業後について

Q&A

学校卒業後にパソコン教室を開校することはできますか?

Q&A

もちろんできます。またJPITAが本部となる市民パソコン教室のパートナー校として開校することもできます。

Q&A

パソコンインストラクターとして仕事を始めた時に、利用できるテキストはありますか?

Q&A

JPITAオリジナルテキスト「教えるテキスト(講師用・受講生用)」を約200講座以上ご用意しています。

Q&A

この業界は進歩が早いので、卒業後が心配です。

Q&A

ご安心ください。卒業後も、JPITAが主催している月例研修会で、知識の幅を広げることができます。その際の研修会費は、特別価格で受講することができます。
また月例研修会に参加できない場合でも、JPITA会員専用ルームより、月例研修会で使用したテキスト(非売品)を特別価格でご購入いただけます。


JPITA認定パソコンインストラクター教え方技術検定試験について

Q&A

卒業後の「JPITA認定パソコンインストラクター教え方技術検定」試験の受験は必須なのでしょうか?

Q&A

必須ではありませんが、1年間学習した成果を試すよいチャンスです。ぜひトライされてみてはいかがでしょうか?

Q&A

既に実施されている、「JPITA認定パソコンインストラクター資格認定試験」とは何が違うのですか?

Q&A

パソコンインストラクター資格認定試験定は、筆記試験により教え方の技能を認定する資格です。JPITA認定パソコンインストラクター教え方技術検定は、実技試験により教え方の技術を認定する資格です。

Q&A

既にJPITAが主催する「パソコンインストラクター養成講座(通信講座)を卒業しました。その場合、「JPITA認定パソコンインストラクター教え方技術検定」は、学校に入学しなくても受験できるのでしょうか?

Q&A

ご卒業おめでとうございます。通信講座で学習し、卒業試験に合格された方は、既に一定の基準を満たしております。そのため、JPITAが主催する「パソコンインストラクター養成学校」で必須科目(10科目)を受講いただき、教え方のトレーニングを受講いただければ、受験資格を得ることができます。

Q&A

既に「JPITAパソコンインストラクター資格認定試験」に合格しています。その場合、「JPITA認定パソコンインストラクター教え方技術検定」は、学校に入学しなくても受験できるのでしょうか?

Q&A

合格おめでとうございます。パソコンインストラクター資格認定試験に合格された方は、既に一定の基準を満たしております。そのため、JPITAが主催する「パソコンインストラクター養成学校」で必須科目(10科目)を受講いただき、教え方のトレーニングを受講いただければ、受験資格を得ることができます。