新しいMicrosoft Edge 正式版公開

Microsoft Edge

Microsoftは、1月16日(日本時間)に、Google Chromeと同じ「Chromium」ベースの新しいWebブラウザ Microsoft Edgeの正式版(バージョン79)を公開しました。

Microsoft Edgeの公式サイトから、Windows用(10/8.1/8/7)と、macOS用のインストーラが配布されています。※Windows Updateによる自動配布は4月1日以降になる予定です。

インストーラを実行すると、古いEdgeから、お気に入りやパスワード、履歴などもすべて自動で引き継がれ、[スタート]メニューやタスクバーのピン留めも新しいEdgeに置き換わります。

Microsoft Edge

ダウンロードするときの注意点

ダウンロードをクリックすると[使用許諾書条件]画面が表示され、[同意してダウンロード]をクリックすると、表示されている言語に対応するEdgeがダウンロードされます。現在開いている公式ページを更新するたびに、表示される言語(タイ語・中国語・韓国語・日本語・英語など)が変わります。日本語対応のEdgeをダウンロードする場合は、日本語の[使用許諾書条件]画面が表示されるまで、ページを更新してください。

Edgeの言語の設定手順

誤って英語でインストールしてしまった場合、Edgeをセットアップ後、Edgeの設定画面から言語を日本語に変更します。

  1. 画面右上の[・・・]→[設定(settings)]の順にクリックします。
  2. 画面左側のメニューから[言語(languages)]を選択します。
  3. 画面右上の[言語の追加(add languages)]をクリックし、[日本語]を追加します。
  4. 追加された[日本語]の右側に表示された[Microsoft Edgeをこの言語で表示(display Microsoft edge in this language )]を選択します。
  5. [日本語]欄に表示された[再起動(Restart)]をクリックして、Microsoft Edgeを再起動します。
  6. Microsoft Edgeが日本語メニューに変わります。

従来のMicrosoft Edgeに戻したい場合

[Windowsの設定]→[アプリ]の順にクリックし、インストール済みアプリの一覧から[Microsoft Edge]を選択後、[アンインストール]することで元に戻すことができます。

第189回「パソコンインストラクター研修会」

テーマ:Windows10 November 2019 Updateの使い方と教え方
開催日:2020年1月26日(日) 
開催時間:午前9時30分~午後4時30分
内容:Windows10を利用しているユーザーは、1年に2回(春と秋)配信される大きなアップデートを適用する必要があります。この大きなアップデートは「機能更新プログラム」と呼ばれるもので、適用することで操作方法がかなり変わります。そのため、私達パソコンインストラクターは「機能更新プログラムを適用することで何がどのように変わるのか?」その全体像を把握し、トラブル対策も含め、サポートできるようにしておく必要があります。
今回の研修会では、2019年11月13日に公開されたWindows10の機能更新プログラムWinows10 November 2019 Update (Ver1909)と、2020年1月16日に新しく生まれ変わったMicrosoft Edgeの使い方、Windows10をもっと使いやすくするための初期設定の操作手順を学習します。

JPITAブロンズ会員になると、毎月1回東京で開催される研修会で使用したテキストを無料でダウンロードし、音声で学習できます。教えるテキスト(講師用)を無料でダウンロードできます