プロのITサポーターになるためのさまざまな知識と操作方法を習得

ITサポーター養成学校Webスクールでは、ご自宅のパソコンからインターネットを利用し、"プロのITサポーターになるためのさまざまな知識と操作方法"を習得できます。※ITサポーター資格認定試験対応


ITサポーターとしての知識を身につける

ITサポーター

ITの技術革新はここ数年の間に急速に進み、市場にはパソコン以外にもさまざまなデバイスが登場しました。スマートフォンやタブレットの普及率は驚く程早く、メーカーの参入や新サービスの公開も相次いでいます。また新しいOS「Windows 10」とOffice 2019が公開されるなど、ITの技術革新はとどまるところを知りません。

このような"急速なIT技術の進化"という時代背景の中、今現在の情報を正確に把握している方は多くありません。そのため、突発的なトラブルが起こると、何をどのように対処したらよいのかわからない方が増えています。この状況は現役のITサポーターでも同様です。何故なら、最新のIT情報を整理し、顧客のニーズやスキルに応じたサポートをすることは、とても大変なことだからです。

ITサポーターとは

ITサポーターとは

ITサポーターとは、デバイスやアプリケーションを問わず、お客様のITに関する悩みを十分に聞き取り、最適なアドバイスとサポートができる人のことです。

ITサポーターを目指しませんか?

ITサポーター養成学校は、プロのITサポーターになるためのさまざまな知識と操作方法を習得いただくことができるネット授業型の学習コースです。
通学していただく必要はありません。自宅のパソコンをインターネットに接続し、自宅に居ながら授業を受けることができます。
※ネット授業とは、カメラ越しの対面形式で行う授業のことです。

ITサポーター養成学校
2020年3月スタート

ゼロからプロへ



学習する内容 募集要領 授業料

ITサポーター養成学校Webスクールの特徴

ネット授業

ご自宅のパソコンからインターネット上の学習ルームに入室できます。
毎月2回(全12回)のネット授業で無理なく学習できます。
少人数制なので、わからないことはその場で質問できます。
講師から直接指導を受けながら学習できます。
パソコンのトラブルシューティング力を習得できます。
現場の実情や、IT関連の最新情報を習得できます。
ITサポーター資格認定試験に対応しています。

ITサポーター資格認定試験対応

ITサポーター資格認定試験

ITサポーター養成学校Webスクールでの6カ月の学習内容は『ITサポーター資格認定試験』に対応しています。
『ITサポーター資格認定試験』は、デバイスやアプリケーションを問わず、お客様のITに関する悩みを十分に聞き取り、最適なアドバイスとサポートができるITサポーターを認定する試験です。

今の時代、パソコンやモバイル端末にトラブルが起きたとき、いつでも気軽に相談に乗ってくれる"ITに強い信頼できる人"を求めています。またITサポーターは、これからますます社会から求められます。
ITサポーターとして、即戦力として活かせる総合力を身に付けませんか?

a:10511 t:12 y:2